《思い出シュノーケル》歌詞:by木村良平 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

いつも走って通ったこの景色を

心のフィルムに焼くよ

いつか來たって戻って見返すとき

アルバムになるように

…あの頃の君にだって

また會えるからさあ明日へ行こう

「思い出シュノーケル」

作詞∶hotaru

作曲∶[email protected]

編曲∶yamazo

歌∶羽瀬川小鷹(CV:木村良平)

放課後 一人きり 部室

時が止まって

夕焼け 窓越し 赤色

潛っていけそう

思い出 泳いで 見つける

イルカみたいに

ずっと持ってたはずのもの そうだほら

見過ごしたって思ったそんな日々も

いつの間に拾ってる

気づかないほどささやかだけどあたたかいもの

小さくたって光った 記億(うみ)の中で

いつもそこにあった

…ドアの向こう 君の聲

聞こえるから さあ振り返ろう

夏の日 汗かきスイカが

眩しかった

冬の日 木枯らし痛くて

手を溫めてた

思い出 泳いで 見つける

真珠みたいに

探さなきゃ見つからない そうさほら

見落としたって焦ってこぼす日々も

それぞれが一つだけ

忘れてたけど當たり前でも特別なもの

そっとすくって磨いて光當てて

輝かせなくちゃ

…部屋の外 君の靴

足音嗚ったら 振り返ろう

見過ごしたって思ったそんな日々を

こうして拾っていこう

誰かの前じゃ隠した想い確かめるように

小さくたって光った 記億(うみ)の中で

きっとまた來るよ

…ドアの向こう 君の聲

聞こえるから 迎えに行こう

ほら こうやって

いつもみたく笑っていよう

終わり

You may also like...