《番凩 仕事してP》歌詞:byVOCALOID mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

番凩

作詞?作曲:仕事してP

唄:MEIKO?KAITO

かわいた木枯らし そよそよと 乾冷秋風 徐徐拂過

かわいた木の葉は ひらひらと 枯黃落葉 翩翩舞落

相見える日を 待ちながら 靜待相逢之日

刻を數え歩く 計數日月行過時間

綴る言の葉に 彩られ 由縫綴的言語 渲染

紅く色めき 剎那に踴る 艷麗鮮紅 綻放的剎那起舞

紅葉一枚 手の平に滑り 一片楓葉 自手心滑落

語るは… 闡述出…

焼けた故郷に 別れを告げて 告別 燃燒般的故鄉

木の葉の手に引かれ 走り去る 憑由 落葉引領驅歩遠行

未だ見ぬ未來への 不安など 無法預見的未來 其不安

感じる暇など ありもせず 實連感觸之時 亦無

かわいた木の葉は ひらひらと 枯黃落葉 翩翩舞落

かわいた木枯らし そよそよと 乾冷秋風 徐徐拂過

繋いだ手と手を 離さずに 雙手緊繫 未曾分離

刻を數え 翔ける 計數時光 飛馳

普くヒトの命 背負い 身負 天下人民之性命

その小さき手で 何を紡ぐ 其纖細手腕 能引繫何物

ほんの微かな 綻びに 於此 僅因些微破綻

死ぬるこの世で 導向終結之世

信ずる道を ただひたすらに 吾將相伴 為儘管邁進

歩むお前の 支えとならん 汝之 助力

紅の剣を 攜えて 身配 赤紅之劍

この身 木の葉と 此身 隨落葉

吹かれて行こう 飄遊而去

戦ぐ 風となりて 化作 拂原微風

數多の 癒しとなり 化作 無數之慰藉

生きとし生ける 化作

この世の者への 予以世間森羅萬物之

追い風とならん 正向順風

紅、黃金に 彩られ 紅,染上 一面金黃

揺れる 樹々たち 切越過

橫切りながら 搖曳之 群木

枯れ葉 共に 道連れに 枯葉 一同 步上旅途

翔け抜ける 木の葉と 飛越過 與樹葉同

つがゐこがらし 落葉秋風

擦れさざめく 木の葉と共に 和唦唦作響之 樹葉一同

翔ける 一陣の風と共に 翱翔 隨一陣風兒一齊

留まる事なく 直走る 無一絲停滯 向前奔馳

かわいた唄と 與此枯冷之歌

つがゐこがらし 落葉秋風

終わり .

You may also like...