《曇のち雨》歌詞:by 赤髪 なゆごろう mp3歌詞

傘を差して食み出した分だけ

寄せかかったにまた離れてく方

押し合う手が

真ん中で止まるように

押し返す強さを間違わないように

降りかかった雨に癒されないよう

握る手の中に望むもの

ほら 全てあるから

世界中で今たった一人が

許されたこの手をずっと

放さないように

少し前歩く君の瞳を

覗きたくてついた

噓の言葉の裏側に気づいて

押し合う手が弱くなり始めて

かたに集る雨は冷たく注ぐ

軽い噓は歯車を狂わせ

掛け違ったことに気づかないまま

いつの間にか

傘を失くしてしまった

降り続く雨に

逃げ場を求めてこの手放した

見失いそうなもの遠くへ

強がって飛び出した言葉

許せなかった

揺れる心はもう止まることなく

押し合う手が強い分だけ

傷つけてしまうと知ってる

さよならの後の微かな希望は

歩き出した距離の分だけ

薄れ消えてゆく

振り返ることができないのは

そこにきっと

もう答えが出ているから

少しずつ涙は強くなって

言えなかったこのがいも

君に知ってほしいのに

本當は全て噓だって

今にだって

抱きしめに追いかけてくること

待ってる