《キミイロ花火》歌詞:by 色白 鹿乃 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

君と見上げた 夜空に咲いて

消える ふたりの戀花火

夏になって 教室をつなぐ廊下で

初めて話した あの日のこと 覚えてますか

好きな人がいると聞いたとき 僕は

急に胸が チクッとなってた

何か話せたらって 時間だけが過ぎてく

やっと出せた手紙は しわくちゃだった

でも 君は笑ってくれて ただそれだけで

僕の心は満たされて 打ち上がった

君が火をつけた あの花火はきっと

そのどれもが 僕の胸に咲いて

「早く言わなきゃ」伝えたいこの気持ちは

ふたりの戀の花火

切なく響く ありがとう

あぁ 夜の帰り道 ホタルの光が綺麗だねと

見上げた君の橫顔なぜか 急にさみしく見えた気がした

言いたかった 言えなかった

あの夏の日にもう 決めてたはずなのに

教えてよ あなたの心の中をのぞきたくて

手を伸ばし続けてた

私には 何色が咲いていますか

君が火をつけた あの花火はきっと

そのどれもが 私の胸に咲いて

「ちゃんと言わなきゃ」伝えたいこの気持ちは

ふたりの消えてゆく花火

You may also like...