《凍えそうな季節から》歌詞:byAimer mp3歌詞

溫馨提示:美國Kindle友兩重福利 免費試用Kindle unlimited 30天免費試聽Amazon Audible 30天

砕けた昨日の欠片を

一つずつかき集めても

途絶えだページは知ってる

痛み書き出しても

筋書き通り何も変わらなくて

心縛り付けた憧れ

凍えそうな季節から

あなただけ 奪い去って

溺れてく夢を見た 記憶は噓つく

零れ落ちる、この手から

あの日はきっと帰ってこない

理由(わけ)をただ數えて

くすんだ氷の欠片に

心が変わり果てても

隠した思いは消せない

期待脫ぎ捨てても

同じ景色 何も変わらなくて

凍えた記憶に縋るだけ

壊れてく心から

涙だけ零れ落ちて

降り積もる雪のように

吐息もはらってく

閉ざされたその部屋で

あなたがずっと笑ってるから

膝をまだ抱えて

凍った果実 色褪せないままで

時を止め続けた憧れ

凍えそうな季節から

あなただけ 奪い去って

溶けてゆく夢を見た 記憶は噓つく

遠ざかるその日から

二人はずっと帰ってこない

冬の夜空見上げて