《空の華》歌詞:byレインブック mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

きらきら舞い上がり ひらひらと消えてく

蟲の聲が響く道に 人々が集う夜

たわいもない會話さえ 心躍るように ざわめく

夏の日の 限りあるこの瞬間を 待ちわびて

瞳を閉じて 深い響きに酔いしれて

千の瞳が 見守る 空に咲く花のように 願い込めて

金色に染まって 広がる空の華

昨夜のことが夢だと 目覚めた朝にひとり

祭りを終えた今でも 耳の奧に殘る 響きが

今もまだ 大きな歓聲さえも 蘇る

涙こらえて 夏の花 空の華

千の瞳が 見上げる 夜を舞う花に乗せて 時を越えて

またここで逢えるなら

涙こらえて 夏の花 空の華

千の瞳が 見上げる夜を舞う花

涙あふれて 空の華咲き亂れ

千の蕾が 夜空に大きく大きく咲いて 思い屆け

あなたの橫顔が 浮かんでは消えてく

瞳を閉じて

涙あふれて

光こぼれて

夜を照らして

You may also like...