《月見草》歌詞:by暁Records mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

この世に憂う時間を

沉思著 皓月繁星

月を 星を 思い

同此世悲嘆的時光

流す笹舟

竹船沿著清溪 流向遠方

悲しみとは何なのか

憂愁悲痛 究竟為何物

忘れてしまう前に

在一忘皆空之前

知っておきたくて

先好好地知曉于心吧

朝日が來れば

曙光黎明 假若旭日東升

眠りにつくように

萬物生息 好似將要歸入沉眠

蟬の泣き聲は遠く飛んでいく

蟬鳴泣聲 悠悠漸遠

月日は廻る

日月輪轉如梭

おぼろに消え

朦朧迷離地 消逝漸遠

淡く咲いた月見草は

恬淡綻放的月見草喲

移りゆく季節を 橫目に

含情側目 時節屢移

人知れず 涙した

無人知曉 我曾經偷偷地哭泣

揺れる水面にそっと月浮かべ

波光粼粼 月影搖搖

祭囃子に 捕まえた

遠遠地傳來 祭典熱鬧的聲樂

朱い尾鰭 空の金魚鉢

魚兒尾鰭朱紅 魚缸空空蕩蕩

形あるものすべて

世間的一切有形之物 強大 卻又虛幻如夢

強く儚く散りゆくような影法師

地上的人影 零落地消散

夏の日差は

炎夏日影

まぶし過ぎるのに

明明這般熾熱眩目

あなたは どうして笑えるのでしょうか

那邊的你 為什么笑的如此歡快呢

屆かぬ月は空蟬色

明月空蟬色 心緒無處傳達

凜と咲いた月見草は

凜然綻放的月見草喲

移り気な心を隠して

為了消去這份寂然

寂しさを埋めるよう

將移轉不定的心緒 悄然隱藏

強く咲くヒマワリに思い焦がれ

茁壯綻放的向日葵喲 焦灼著我的思念

宙舞う螢のような

仿若螢火高舞于空

繰り返すひかり 過ちと

清淺光輝 與昔日的罪過 不斷周而復始

落ちない線香花火

寂靜燃燒的紙捻花

永遠を憎む

憎惡著 此身永遠的時光

淡く咲いた月見草は

恬淡綻放的月見草

夏の夜を照らしていく

靜靜地照耀著 夏日月夜

ひらり舞う 月見草は

飄揚飛舞的月見草

純白のベールにつつまれ

被純白的面紗籠罩包裹

永久に咲くの いつまでも

無論何時 永久地綻放著

見上げた空は月へと続くわ

青空月色 向著遠方不斷延伸

You may also like...