《失格 》歌詞:by 橘いずみ 日本群星 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

橘いずみ

失格

作詞:橘いずみ

作曲:橘いずみ

自分の言いたいことを私は何も言わない

自分のやりたいことを私は何もできない

自分の為に泣いても人の為には泣けない

主義?主張を叫んで外を歩く勇気なんかない

ひねもすベッドに寢てるのは病人か赤ん坊

何もかもが嫌になるにはまだまだ若すぎる

誰かの喋る言葉で心なんて弾まない

明るく元気だけが取り柄の女にはなれない

他人の視線ばかり気にしてる人を認めない

社長の意見は必ずしも正しく思えない

月夜にいつも女はキスを待ってる訳じゃない

安いベッドは軋む音がうるさくて気が滅入る

愛してないのに抱かれ他の人を夢見てる

パチンと弾けて落ちたピンクのバラの花びら

一番大切なものはこの貧欲な私

一番厄介なのもそうデタラメな私

好きな人に他に守るものあっても構わない

だけどひとり夜の渋谷で待つのは好きじゃない

梅田 なんば 心斎橋 元町 西ノ宮

あんなに好きだった街ももうとっくに忘れた

チャカ?カーンを気取って歌ってた

“Whatcha gonna do for me”

意味も知らずに涙を流した

“Whatcha gonna do for me”

沖縄にも住んだことがあると自慢気に話す

強い日差しが殘したものは顏中のソバカス

傷ついた傷つけられたと騒いで憂さ晴らし

失戀した友達慰めどこかホッとしてる

あなたは失格! そうはっきり言われたい

生きる資格がないなんて憧れてた生き方

あぁ 赤い夕焼けの町で小さな體を丸めて

叱られても 恥を重ねても まっすぐ歩いていたのに

眠れずにテレビをつけ煙草を吸えばやるせない

ひどい仕打ちに泣いたとしても

夜はゲラゲラテレビ漬け

趣味は何ですかと聞かれて旅行などと答え

外國にも何度かなんて格好つけて見せる

姑息な笑顏浮かべて指先を噛んでいたい

約束を踏み付けても粋な女気取りたい

車にはねられた人を見過ごしたことがあるかい ?

ふしあわせな人を見て笑ったことがないかい ?

父親に若い女いても私は構わない

母親に別の許婚の話を聞きたい

もっときれいになってもっと上手に游びたい

もっとまじめになってもっとたくさん學びたい

たったこれっぽっちの生きざまをひとり振り返り

四の五の理屈を言ってる私を愛したい

You may also like...