《同級生》歌詞:by 尾崎雄貴 押尾コータロー mp3歌詞

重磅!【免費用兩個月 價值$19.98】Kindle Unlimited 百萬電子書免費讀!手機、平板、Kindle均可用!截止到4月30日。 購買2台Kindle設備(Paperwhite 4入門款Kindle,或兒童版 Kids Edition),節省20%,結帳時自動 8折。截止到3月22日!

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

時計のいらない

安時處順

測れない長さの春を

難以測量的漫長的春天

浮きだっては

眼前浮現的是

歩いてゆく二人の距離

同行的兩人間的距離

數センチがとても遠い

僅僅數厘米卻如此遙遠

ほら今飛び立て

趁現在躍上蒼穹

夏の雲を手で摑んだ

抓住夏天的浮云

形が無く

這無影無形的

くすぐったいような気持ちで

騷動的心情

風に吹かれ焦っていたゆこう

清風拂過 帶來一絲焦躁

覚えているかいどこへゆくのか

還記得向往的那個地方嗎

決めないでいいよ

不用刻意去決定哦

このまま続けよう

就這樣順其自然吧

時計の針をまこう

撥動時鐘的指針吧

境目の見えない秋に

在找尋不到邊際的秋天

身を縮めて歩いてゆく二人の距離

蜷縮著前行的兩人的距離

數センチは特別な何かで

就用特別的方式將其連接

思い出せるか出會った日のこと

還記得邂逅的那一天嗎

今も変わらずあのまま続いてる

現在也如當初 未曾改變

ほら今飛び立とう

趁現在翩然躍起

めぐりゆく季節のはしで

直到流轉季節的盡頭

思うことは

心中所想

どこまで行けるかってことで

即行之所歸

風に吹かれ期待してたいつまでも

清風吹拂 無論何時何地 總是充滿期待

Amazon music Unlimited 30天免費試用亞馬遜音樂 30天免費,可隨時取消。5千萬首歌曲無限聆聽。

You may also like...