《Brave Song (TV Size)》歌詞:by多田葵 mp3歌詞

いつもひとりで歩(ある)いてた

振(ふ)り返(かえ)るとみんなは遠(とお)く

それでもあたしは歩(ある)いた

それが強(つよ)さだった

もう何(なに)も怖(こわ)くない

そう呟(つぶや)いてみせる

いつか人(ひと)は一人(ひとり)になって

思(おも)い出(で)の中(なか)に生(い)きてくだけ

孤獨(こどく)さえ愛(あい)し笑(わら)ってられるように

あたしは戦(たたか)うんだ

涙(なみだ)なんで見(み)せないんだ

Brave Song – TVアニメ《Angel Beats》ED

唄:多田 葵

詞曲:麻枝 準

編曲:ANANT GARDE EYES

いつもひとりで歩(ある)いてた

行(い)く先(さき)には崖(がけ)が待(ま)ってだ

それでもあたしは歩(ある)いた

強(つよ)さの証明(しょうめい)のため

吹(ふ)きつける強(つよ)い風(かぜ)

汗(あせ)でシャツが張(は)りつく

いつか忘(わす)れてしまえるなら

生(い)きることそれはたやすいもの

忘卻(ぼうきゃく)の彼方(かなた)へと落(お)ちていくなら

それが逃(に)げることだろう

生(い)きた意味(いみ)すら消(き)えるだろう

風(かぜ)はやがて凪(なぎ)いでた

汗(あせ)も乾(かわ)いて

お腹(なか)が空(す)いてきたな

何(なに)があったっけ

賑(にぎ)やかな聲(こえ)と共(とも)にいい匂(にお)いがやってきた

いつもひとりで歩(ある)いてた

みんなが待(ま)っていた

いつか人(ひと)は一人(ひとり)になって

思(おも)い出(で)の中(なか)に生(い)きてくだけ

それでもいい 安(やす)らかなこの気持(きも)ちは

それを仲間(なかま)と呼(よ)ぶんだ

いつかみんなと過(す)ごした日々(ひび)も

忘(わす)れてどこかで生(い)きてるよ

その時(とき)はもう強(つよ)くなんかないよ

普通(ふつう)の女(おんな)の子(こ)の

弱(よわ)さで涙(なみだ)を零(こぼ)すよ