《sweet summer day》歌詞:by Uske ななひら mp3歌詞

君(きみ)のことが嫌(きら)いになった

優(やさ)しい聲(こえ)も その左手(ひだりて)も

ささいな噓(うそ)で傷(きず)をつけて

手(て)をつないだら甘(あま)い夜(よる) 夢見(ゆめみ)る

デリケートな心(こころ)に刺(さ)さった

君(きみ)の言葉(ことば)が胸(むね)に広(ひろ)がる

1?2?8で刻(きざ)む鼓動(こどう)が

まるで夏(なつ)の魔法(まほう) 君(きみ)のせい

早(はや)くなってく

心(こころ)のスキマ 埋(う)めるもの

ねぇ それだけじゃない

膨(ふく)らんでく

僕(ぼく)の瞳(ひとみ)に映(うつ)った 君(きみ)の顔(かお)は輝(かがや)いて

いつでも僕(ぼく)を摑(つか)んでる

そっと口(くち)づけをしよう 3cm上の妄想(もうそう)も

葉(かな)うような気(き)がしてる 暑(あつ)い夏(なつ)の日(ひ)

眠(ねむ)れないのを夏(なつ)のせいにして

また一人(ひとり) 君(きみ)のことを想(おも)う

隠(かく)したはずの暗闇(くらやみ)さえ

君(きみ)がいるだけで いつのまにか

光(ひかり)に変(か)わる

心(こころ)のスキマ 埋(う)めるもの

ねぇ それだけじゃない 膨(ふく)らんでく

灰色(はいいいろ)の街(まち)もきっと 輝(かがや)いて見(み)える世界(せかい)

解(と)けないように離(はな)さないで

そっと口(くち)づけをしよう

3cm上(うえ)の妄想(もうそう)も葉(かな)うような気(き)がしてる

暑(あつ)い夏(なつ)の日(ひ)