《番凩》歌詞:by 仕事してP Celo Project mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

かわいた木枯らしそよそよと

かわいた木の葉はひらひらと

相見える日を待ちながら

刻を數え歩く

綴る言の葉に彩られ

紅く色めき剎那に踴る

紅葉一枚手の平に滑り

語るは…

焼けた故郷に別れを告げて

木の葉の手に引かれ走り去る

未だ見ぬ未來への不安など

感じる暇などありもせず

かわいた木の葉はひらひらと

かわいた木枯らしそよそよと

繋いだ手と手を離さずに

刻を數え翔ける

普くヒトの命背負い

その小さき手で何を紡ぐ

ほんの微かな綻びに

死ぬるこの世で

信ずる道をただひたすらに

歩むお前の支えとならん

紅の剣を攜えて

この身木の葉と

吹かれて行こう

戦ぐ風となりて

數多の癒しとなり

生きとし生ける

この世の者への

追い風とならん

紅、黃金に彩られ

揺れる樹々たち

橫切りながら

枯れ葉共に道連れに

翔け抜ける木の葉と

つがゐこがらし

擦れさざめく木の葉と共に

翔ける一陣の風と共に

留まる事なく直走る

かわいた唄と

つがゐこがらし

You may also like...