《楽園の翼》歌詞:by 桑島由一 黒崎真音 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

僕には聴こえるよ 楽園に広がる歌が

名もなき罪に つけられた傷で

心閉ざし 無理をして笑う

幸せな日々 きみはどこかに捨てて

詩人のように 孤獨 愛してた

色彩(いろ)を奪われた 灰色の街

僕がいるよ 解き放て翼

抱きしめるから 恐れないで 壊れるまで叫ぶ

神を殺す 言葉さえここにはあるから

2人交わり ひとつになって 裸足のまま歩く

壁を越えた空の果て 聴こえてくる愛の歌が

澄んだ瞳を 濁らせた罰(こと)に

怯えないで 戸惑いは捨てて

細い指先 摑んだら離さずに

“答え”求め きみと歩き出す

崩れ落ちていく 灰色の影

光溢れ 蘇る世界

赦されないはずの溫もりを 求めきみを抱(いだ)く

“夢を見てる”それさえも奪い去るのなら

風の歌や雨粒になって きみのことを守る

空を越えた夜の果て 響いてる天使の聲が

少女のように泣き出すきみ やがて全ては終わるんだ

休息の後 もう一度生まれ変わって 羽ばたく

抱きしめるから 恐れないで 壊れるまで叫ぶ

神を殺す 言葉さえここにはあるから

赦されないはずの溫もりを 求めきみを抱く

夜を越えた果ての果て きみにも聴こえるよ

楽園に広がる歌が

You may also like...