《綴る》歌詞:by秦基博 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

題名もない 脈絡なんてない 書き留めた文字たちを

引き出しの奧の 目の屆かない場所に隠しておくね

いつか 僕が消えたあと 暗く深い夜の終わりに ひらけるように

例えば 冬を渡る鳥の影や 春に芽吹いた青い花のこと

うつむいたその瞳に 映せば ほら 少しは前を向けるだろう

とりとめのない思い出話を ともに歩むはずだった明日を

綴るよ その孤獨も ふっと やわらぐような 最後の手紙を

後悔はない? いやそんな強くはない 隠せないよ 寂しさ

出來ることなら そばで見ていたい これから先も ずっと

いつか 君が迷っても つらく長い森をくぐり抜け 帰れるように

例えば 赤く萌える夏の風や 秋に見上げた白い月のこと

振り向いた背中を 優しく ほら 包み込んであげられたら

じゃれ合いのような些細な諍いも いつも言えずじまいの「ごめんね」も

綴るよ その笑顔も ふっと こぼれるような かすかな光を

醒めない夢ならどれだけいいだろう やがて離れるその日は來るから

痛くて 怖くて 確かめ合うように抱きしめる

例えば 冬の朝も 春の午後も 夏の夕暮れも 秋の夜も

殘された時間を 僕らも ただ 慈しみ 生きられたなら

かけがえのない日々の溫もりを とても伝え切れぬ「ありがとう」を

綴るよ その未來に そっと 寄り添うような 最後の手紙を

You may also like...