《FLAT》歌詞:by kz 尾崎雄貴 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

どうしてだろう

僕に無いものはずっときれいに見える

いつからだろう

比べることで輝き見出してた

霞み濁っていく 視界取り払おう

眼と耳を塞ぐのは早すぎるから

「真っ白な僕」だと 世界を嘆かずに

空っぽの手のひら 笑い飛ばしてさ

特別な何かを追い求めなくても

君と笑いあえる 僕と笑い、會える

焦がれた光の 差す場所は想像の先のFLAT

いつからだろう 希望は諦めになってしまっていた

どうしてだろう 葉わない夢だと決めつけるのは

握りしめていた 拳解き放とう

今までに悔いるのは早すぎるから

「真っ暗な夜」だと 世界を殺さずに

空っぽだからこそ 全てになれるの

特別な何かを追い求めなくても

君と笑いあえる 僕と笑い、會える

焦がれた光の 差す場所は想像の先のFLAT

ずっと 自分の聲には

耳貸さずにいて 君の聲を呪ってばかりだったよ

きっと 隠れた光

僕の中に生まれてるって信じるんだ

認めてあげるんだ

「真っ白な僕」だと 世界を嘆かずに

空っぽの手のひら 笑い飛ばしてさ

特別な何かを追い求めなくても

君と笑いあえる 僕と笑い、會える

焦がれた光の 差す場所は想像の先のFLAT

You may also like...