《懐中道標》歌詞:byやなぎなぎ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

風をおいかけても

きっと おいつけないだろう

見失った自分 停止した感情

遮った歌のつづき きけない

夕焼けの記憶は

ずっと こどものままだった

さらけだした意識 自由(じぶん)への憧れ

失くした感覚を さがした

“私”が居る世界 自分自身 欺いてはしりだす

“私”がみた未來 何が本當? 何が噓? 教えて

“私”が居ないうちに

もう すべてきまっていた

“私”の足跡と ことばの色合いと

こころの形さえ 気づかず

“私”がみる夢は

ぜんぶ 現実の軌跡(トレス)

“私”は誰の影? 誰が“私”の影?

ありきたりな科白 曝した

“わたし”が居た世界 澄んだ色と とけあう鮮やかさ

“わたし”がみた未來 終わりのない創造と禱り

うたえ ちからのかぎり

うたえ だいちをけって

うたえ つばさはためかせ

うたえ じぶんしんじて

そう 自分の聲だけに

じっと 耳をかたむければ

すぐ きこえてくるはずさ

鮮やかな歌と律動(リズム)

風とともに疾る

きっと 辿りつけるだろう

形のないものが 形創られていく

“わたし”の中にある導力(ちから)を

時は刻むけれど

ずっと “わたし”は“わたし”だと

見えぬ真実(ほんとう)の色 ねむったままならば

ただひとつの名畫

だれもしらない

You may also like...