《約束のうた》歌詞:by 小峰公子 清浦夏実 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

見晴るかす大地は 青く 果てなく続き

天を指す穂先は 光 集めて揺れる

いつの昔からか 憶えたうたはやがて

唇紅に染め

空を越えては響く

いつか屆くでしょう

私を待つひとに

風とかわす 大地とかわす

約束のうた 永久に

叫ぶように 祈りのように

うたえうたえよ 永久に

種は 命宿し 水を求めて眠る

同じその兆しを 誰もが抱いて眠る

だからいつも戀しい

ふりそそぐ光が

やがて遠く 見慣れた空を

離れる時がきても

いつもいつも 忘れはしない

約束のうた 永久に

いつの日か この瞳閉じても

この聲が嗄れても

歌だけが いつも見つめている

青い青い地平を

風とかわす 大地とかわす

約束のうた 永久に

叫ぶように 祈りのように

うたえうたえよ 永久に

You may also like...