《粉雪 (Live)》歌詞:by 藤巻亮太 大聲 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

粉(こな)雪舞う(まう)季節はいつもすれ違い

人混み(ごみ)に紛(まぎ)れても同じ空見てるのに

風に吹かれて 似たように凍える(こごえる)のに

仆は君の全てなど知ってはいないだろう

それでも一億人から君を見つけたよ

根拠(こんきょ)はないけど本気で思ってるんだ

些細な(ささいな)言い合いもなくて同じ時間を生きてなどいけない

素直に(すなおに)なれないなら 喜び(よろこび)も悲し(かなし)みも虛(むな)しいだけ

粉雪 ねえ 心まで白く染(そ)められたなら

二人の孤獨(こどく)を分(わ)け合う事が出來たのかい

仆は君の心に耳を押(お)し當(あ)てて

その聲のする方(ほう)へすっと深く(ふかく)まで

下(お)りてゆきたい そこでもう一度會おう

分かり合いたいなんて 上辺(うわべ)を撫(な)でていたのは仆の方(ほう)

君のかじかんだ手も 握り(にぎり)しめることだけで繋が(つなが)ってたのに

粉雪 ねえ 永遠を前にあまりに脆く(もろく)

ざらつくアスファルトの上(うえ)シミになってゆくよ

粉雪 ねえ 時に頼り(たより)なく心は揺れる

それでも仆は君のこと守り続けたい

粉雪 ねえ 心まで白く染(そ)められたなら

二人の孤獨(こどく)を包んで空にかえすから

You may also like...