《パラエイト》歌詞:byHzEdge mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

ふいに途切れて 続かない

眩しさの果てに

今初めて 気づくように

身をよじる ケド

焼き付ける 日差しの端(はし)も

摑めずに 泣いた日

涙が乾く頬 觸れてくれた

またね、と キミは僕に

ボクは胸の中に 鍵をかけ

変わらぬ 8番目の 澄みきった 蒼空

いつか見上げて

並んで。

きっと、思い出させたい

季節も 無いケド

早い朝は 懐かしい

あの、夏の色

手をかざす 汗ばむ肌の 熱を奪い去った

はぐれた 遠い日に 心、飛ばす

信じて 僕はキミを

キミが選ぶ道を 追いかける

変わらぬ 8番目の 蒼い海の街で

もう一度だけ

逢わせて。

焼き付ける 日差しの端(はし)を

摑めずに 泣いた日

涙が乾く頬 觸れてくれた

またね、と キミは僕に

ボクは胸の中に 鍵をかけ

変わらぬ 8番目の 澄みきった 蒼空

いつか見上げて

もう一度。

逢わせて。

You may also like...