《月華 tsukihana 》歌詞:by 北出菜奈 北出菜奈 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

闇と玩(あそ)ぶ星たちへ/與黑暗嬉戲的群星們

愛を唄い焼き盡くして/歌唱愛情燃燒殆盡

罪を燈しひなぎくの/罪孽的雛菊花

夢に寄り添う爪の痕/在夢中留下了抓痕

唇から唇へと伝い/從嘴唇 傳遞到嘴唇

その溫もりは何処へ?/那份溫暖將去往何處?

たどり著く宛は無いのに/明明已知道無處可去了

貴方でなくちゃ満たせない/不是你的話就無法滿足我

私じゃなきゃ許せなかった/不是我的話就無法得到饒恕

だから私はこの腳で/因此我才能用這雙腳

立ち上がれてぞっとしたんだ/屹立起來微微顫抖

飼い殺しなら救われる/與其在籠中終死不如被救贖

でも見事に鍵は外れて/但是卻又華麗地把鑰匙拋下

私はまるで/我就宛如是

鳥籠を欲している狂った小鳥/那渴求著鳥籠的瘋狂小鳥

噓を抱いた華/綻放出謊言的花

さめた指で見透かして/在冰冷的手指上看透了

觸れてだけど汚さないで/雖然能夠觸摸卻不能沾汙

振り返ると一片(ひとひら)の/若轉身凝視就能看到一片

羽根が焦げつく荊道(いばらみち)/燒焦的羽毛粘在荊棘的道路上

幻なら幻を愛して/若是幻覺 就愛上幻覺

明日でさえ棄てられる/連明天也能隨意地拋棄

恐れる理由を教えて/請將那恐怖的理由告訴我

貴方がなくちゃ生きられず/沒有你的話就無法生存下去

朽ちる夜を追い掛けたのは/雖已將腐朽的夜晚追趕超越

私を全てその腕へ/我將所有都集於那手腕上

奪いあげて欲しかったから/因為想要掠奪這一切

けど靜寂に包まれる/不過卻又被寂靜纏繞著

規則的な卑しい鼓動/而有規則的卑賤的悸動

ふざけた部屋で/在開玩笑的房間中

天罰を數えている耳を塞いで/承受著天罰 因害怕而堵住耳朵

貴方でなくちゃ満たせない/不是你的話就無法滿足我

私じゃなきゃ許せなかった/不是我的話就無法得到饒恕

だから私はこの腳で/因此我才能用這雙腳

立ち上がれてぞっとしたんだ/屹立起來微微顫抖

飼い殺しなら救われる/與其在籠中終死不如被救贖

でも見事に鍵は外れて/但是卻又華麗地把鑰匙拋下

私はまるで/我就宛如是

鳥籠を欲している狂った小鳥/那渴求著鳥籠的瘋狂小鳥

噓を抱いた華/綻放出謊言的花

You may also like...