《心臓デモクラシー》歌詞:by みきとP 伊東歌詞太郎 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

作詞:みきとP

作曲:みきとP

編曲:みきとP

唄:伊東歌詞太郎

哭(な)いていた 唯 哭(な)いていた

他人眼(ひとめ)につかない 世界で

其(そ)して恥を知り 慘めになれば

全てが廻りだした

何常(いつ)もこの胸は 何かを満たそうと

散々なめに遭って 仕様がない

いっそ理性など 殺して仕舞おうか

虎視耽々(こしたんたん) 狙いを さだめ さだめて

何常(いつ)もこの口は 誰かに迫ったり

散々なめに 遭わせているな

色づいた 山茶花(さざんか)の

血を舐め廻して

恨むような 其(そ)の視線に

向けて

哭(な)いていた 唯 哭(な)いていた

他人眼(ひとめ)につかない 世界で

其(そ)して恥を知り 慘めになれば

全てが廻りだして ゆく

翳(かげ)りゆく 墮(だ)天使の

背中を抱き寄せ

囁いた 耳の奧で

添(そ)っと

いかないで もう いかないで

いまよりもっと かしこくなるし

やさしくなるし つよくもなるし

じゃまなものは ころしてあげる

今 哭(な)いていた 唯 哭(な)いていた

他人眼(ひとめ)につかない 世界で

其(そ)して恥を知り 慘めになれば

全てが 廻りだして

心臓は 一つになる

You may also like...