《遠く遠く》歌詞:by槇原敬之 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

遠く遠く – 槇原敬之

遠く遠く離れていても

仆のことがわかるように

力いっぱい 輝ける日を

この街で迎えたい

外苑の桜は咲き亂れ

この頃になるといつでも

新干線のホームに舞った

見えない花吹雪思い出す

まるで七五三の時のよに

ぎこちないスーツ姿も

今ではわりと似合うんだ

ネクタイも上手く選べる

同窓會の案內狀

欠席に丸をつけた

「元気かどうかしんぱいです。」と

手紙をくれるみんなに

遠く遠く離れていても

仆のことがわかるように

力いっぱい 輝ける日を

この街で迎えたい

いつでも帰ってくればいいと

真夜中の公眾電話で

言われたとき 笑顏になって

今までやってこれたよ

どんなに高いタワーからも

見えない仆のふるさと

失くしちゃだめなことをいつでも

胸に抱きしめているから

遠く遠く離れた街で

元気に暮らせているんだ

大事なのは

“変わってくこと”

“変わらずにいること”

同窓會の案內狀

欠席に丸をつけた

だれよりも今はみんなの顏

見たい気持ちでいるけど

遠く遠く離れていても

仆のことがわかるように

力いっぱい 輝ける日を

この街で迎えたい

仆の夢をかなえる場所は

この街と決めたから

You may also like...