《履物と傘の物語 lt巖佐美咲バージョンgt》歌詞:by 秋元康 巖佐美咲 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

ある田舎の駅の近く 某個鄉間小站邊

二つの店が並んでました兩家店鋪并列而立

履物屋さんと傘やさんの鞋店與傘屋的

おばあちゃんは仲良しでした阿婆們相濡以沫

それぞれの連れ合いに先立たれて 她們的老伴先走一步

子供たちも自立しました孩子們也長大成人不在身邊

おばあちゃんたちに殘されたのは給阿婆們留下的

客の少ないこの店だけ只有冷冷清清的店鋪

それでも二人は幸せでした盡管如此兩個人卻依然幸福

話し相手がそばにいたから因為說話的人就在旁邊

履物屋さんのおばあちゃんが鞋店的阿婆

微笑みながら亡くなりました笑著離開了人世

傘屋さんのおばあちゃんも傘屋的阿婆

後を追うように亡くなりました也追隨著去了

それぞれの家族が片付けた時她們各自的家人整理遺物時

店の奧を見て驚きました看見店里的東西都驚得沉默了

履物屋さんの押入れには鞋店的壁柜里

傘がいっぱいありました裝滿了雨傘

傘さんの押入れには傘屋的壁柜里

履物がいっぱいありました塞滿的是鞋子

お互いの店まで行ったり來たり阿婆們光顧對方的店里

そう自分たちが客になってました這樣一來自己就成了客人

履物の數だけ 傘の數だけ只從這鞋子之數雨傘之數

幸せがそこにありました便知幸福為何物

幸せがそこにありました便知幸福為何物

You may also like...