《僕が一番欲しかったもの》歌詞:by 槇原敬之 槇原敬之 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

さっきとても素敵なものを

拾って僕は喜んでいた

ふと気が付いて橫に目をやると

誰かがいるのに気付いた

その人はさっき僕が拾った

素敵なものを今の僕以上に

必要としている人だと

言う事が分かった

惜しいような気もしたけど

僕はそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば

もっと素敵なものが見つかるだろう

その人は何度もありがとうと

嬉しそうに僕に笑ってくれた

その後にもまた僕はとても

素敵なものを拾った

ふと気が付いて橫に目をやると

また誰かがいるのに気付いた

その人もさっき僕が拾った

素敵なものを今の僕以上に

必要としている人だと

言う事が分かった

惜しいような気もしたけど

またそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば

もっと素敵なものが見つかるだろう

なによりも僕を見て嬉しそうに

笑う顔が見れて嬉しかった

結局僕はそんな事を何度も繰り返し

最後には何も見つけられないまま

ここまで來た道を振り返ってみたら

僕のあげたものでたくさんの

人が幸せそうに笑っていて

それを見た時の気持ちが僕の

探していたものだとわかった

今までで一番素敵なものを

僕はとうとう拾う事が出來た

You may also like...