《アイシカタ》歌詞:by 新津由衣 RYTHEM mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

不器用な生き方をいつも知らずに選んでしまうよね

かっこつけたり 噓をついたり

自分を守るヨロイを探してさ

やり場のない悔しさは 喉を通り胸を剌した

君の涙に気付けなかった 自分の小ささがイヤで

転がってゆく時間の中で

お互いすごく変わったねぇ

あの日からずっと君を見てた

きっと知らなかった…よね?

精一杯のぎこちないアイシカタでも

誰より優しくなれる

してあげたいと思うこと溢れてくるよ

“愛なんていらない”と言った君は

“愛されたい”と言ってたんだ

ずっとそばで

その涙を拭いたげられたらいいなぁ?

なんとなく感じた 君に元気がないこと

わかり合いたい‥だけど言えない…

ため息が空へ消えた

どんなに近くにいたとしても

見えないことはたくさんある

大丈夫だと言ってる君の目は

なんだか寂しそうだった

行く先は nobody knows 誰も知らない

吹く風に身を任せて

“立ち止まることも大切” そう笑い合って

2人で everyday 肩を並べて

歩いてゆけたらいいなぁ

ずっとそばで同じ夢を追いかけられたらいいなぁ

深呼吸して 風が薫る(もっと遠く)

ほらね 気付けばいつも目の前に見える君の背中

精一杯のぎこちないアイシカタでも

誰より優しくなれる

してあげたいと思うこと溢れてくるよ

“愛なんていらない”と言った君は

“愛されたい”と言ってたんだ

ずっとそばで

その涙を拭いたげられたらいいなぁ?

拭いたげられたらいいなぁ

You may also like...