《雪のツバサ 》歌詞:by 井上秋緒 redballoon mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

redballoon – 雪のツバサ

作詞:井上秋緒

作曲:村屋光二

編曲:redballoon/本間昭光

★ VAN制作

凍てつく夜 立ち止まれず

僕ら始まる 熱を待ってる

求めすぎて 散切れる夢

そんな欠片(かけら)で 何が葉うの?

キレイにすれ違う心

夜明けも遠すぎる街で

僕らは真冬の星より

夢中で儚い

胸に落ちた 純白(しろ)い想いが

溢れ出して 僕を揺らして

空が零した 優しさだから

雪は寄せ合った ツバサのように

君の肩を包むよ

「獨りだけで 居られない」と

人は弱さを 戀にするから

微かに觸れる唇に

変えられるものは なくても

何処かで凍えてる明日を

引き寄せるように

淡く積もる 純白い想いを

せめて君に 伝えられたら

何ができるの? その寂しさで

雪は閉じられた ツバサのように

ただぬくもり守って

生まれたての願いを抱えてる

震えるその手を 暖めてあげよう

燈した光 見失わないように

胸に落ちた 純白い想いよ

どうか何も 壊さぬまま

空が零した 優しさだから

雪は寄せ合った ツバサのように

君の肩を包むよ

ただ ぬくもり守って

君と僕を包んでゆく

★ VAN制作

おわり

おわり

You may also like...