《ORION》歌詞:by 百田留衣 中島美嘉 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

泣いたのは僕だった

弱さを見せないことが そう

強い訳じゃないって君が

言っていたからだよ

I believe

我總是在哭泣

因為你告訴我

不讓人看見你的軟弱

並不代表你很堅強

I believe

息が冷たくなる帰り道に

ただ星が揺れている

在寒冷的回家路上

只有星星陪伴著我

確かめたばかりの

淡いぬくもりさえ

もう忘れそう

就連剛剛深信不疑

你淡淡的體溫

似乎都快要遺忘

人を好きになれることに

初めて気付いた 今は

直到現在才第一次意識到

喜歡上一個人的心情

泣いたのは僕だった

つながった冬の星座

この空に消えてかない様に

見つめていたんだよ

I believe

我總是在哭泣

連結你我 冬天的星座

我尋找了好久

永遠不會消失

I believe

かじかんだ手のひら

離れぬ様に いつまでもふれていたい

真實感受著你的手心的溫度

永永遠遠 都不要放開

伝えたい言葉を繰り返すのに

また聲にならない

好幾次想要告訴你的話

反反覆覆卻無法吐出口

他愛ないことで笑って

優しく包むよ 君を

為了單純的事而微笑著

讓我溫柔的包圍著你吧

流れ星數えてた

君と出會えたキセキが

今僕に

生きている意味を

教えてくれたから

I believe

細數著流星

是你讓我明瞭

與你相遇的奇跡

是我生存的意義

I believe

泣いたのは僕だった

弱さを見せないことが そう

強い訳じゃないって君が

言っていたからだよ

I believe

我總是在哭泣

因為你告訴我

不讓人看見你的軟弱

並不代表你很堅強

I believe

言っていたからだよ

I believe

我好想告訴你

I believe

You may also like...