《サーカス 》歌詞:by 中原中也 友川かずき mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

中譯版轉自網絡,非原創

請參考:http:www.douban.com/group/topic/7011238/

幾時代かがありまして

茶色い戦爭ありました

幾時代かがありまして

冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして

今夜此処(ここ)での一(ひ)と殷盛(さか)り

今夜此処での一と殷盛り

サーカス小屋は高い梁(はり)

そこに一つのブランコだ

見えるともないブランコだ

頭倒(さか)さに手を垂れて

汚れ木綿の屋蓋(やね)のもと

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い燈が

安値(やす)いリボンと息を吐き

観客様はみな鰯

咽喉(のんど)が鳴ります牡蠣殻(かきがら)と

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

屋外(やぐわい)は真ッ闇(くら) 闇(くら)の闇(くら)

夜は刧々(こふこふ)と更けまする

落下傘奴(らくかがさめ)のノスタルヂアと

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

馬戲團

經過了多少個時代

有褐色的戰爭

經過了多少個時代

有冬日刮過的疾風

經過了多少個時代

今夜唯有此處繁盛

唯有此處今夜繁盛

馬戲團那棟房梁高聳的戲棚

有只鞦韆

看也看不見的鞦韆呵

頭倒掛手垂下

骯髒的木棉戲棚底下盪:

咻——嘯——吖喲

那慘白的燈和著

廉價的髮飾和繃緊的喘息

看客們這些沙丁魚

跟著牡蠣殼張著喉嚨嘶叫:

咻——嘯——吖喲

屋外真暗 暗裡壓著暗

捱著永難復回的夜

降落傘下那家伙的鄉愁呵

咻——嘯——吖喲

You may also like...