《アイシクル》歌詞:by きくお 木村良平 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

(臺詞)

「心弱き儚き乙女よ ハダカの君を僕にぶつけておくれ」

枯れゆく心に初雪散らすような 薄い化粧で噓をつき

未練美しく飾るなら 燃やしてしまえばいい

焼け付くような情熱に 初霜降りた心が溶ける

儚き冬の少女よ この胸に泥み靜かに叫びたまえ

(臺詞)

「11月の白夜が君の肌を照らし 季節を銀色に染める

凍える君をもう一度抱きしめたい 僕は君を愛してる」

木枯らし吹くように戀心散らし 冬を待つように嫉妬さえ枯らし

今 凍てつく想い この胸にぶつけてくれればいい

靜かに叫べ少女よ 心の臓まで焦がれるほどに

隙間だらけの噓なら いっそ溶かせばいい

燃え盡きるほど愛せよ 命の底から叫んでおくれ

儚き冬の少女よ この胸に泥み さあ狂い咲きたまえ

(臺詞)

「怖がらなくていい 心の臓まで 骨の髄まで 命丸ごと愛してあげる…」

You may also like...