《君とのなくしもの》歌詞:by 都乃河勇人 北沢綾香 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

無くしたもの大切なこと 守れなかった僕らの

笑顔の影 この先いつか晴れること祈ってる

時間が過ぎ 今日の終わりは

當たり前にやってくる

「じゃあまたね」と見送る背中

本當は「また」なんてない

誰かの知らない街

僕らはそこで出逢って

いつからか風は

いつもそこに吹いてた

でも僕は君じゃないから

伝えることしか出來なくて

迷い戸惑い 傷を受けたり

二つの手に乗せた記憶

指先へ幽かに殘して

その手取れるように

ほんの少し 夢の続きを

朝が來る前まではと

思い出にも なれないような

眠りを一緒に見た

はしやいでいた 穏やかな頃

僕らを動けなくする

立ち止まれば 振り返るだけ

そんな時間は疾うに無い

知らない場所だらけ 旅をするような街は

懐かしい風にいつの間いかなってた

今 僕は君に向かって

できるだけを全部伝えよう

耳を塞ぎ目を閉じてもいい

見失いそうな心と

捨てられない想いを込めて

受け取ってほしいんだ

子供みたいな君 大人になれない僕

このまま同じことしてタイけど

でも僕は君じゃないから

伝えることしか出來なくて

迷い戸惑い 傷を受けたり

二つの手に乗せた記憶

指先へ幽かに殘して

もう離れるとしても

You may also like...