《melee 》歌詞:by やなぎなぎ やなぎなぎ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

やなぎなぎ

melee

作詞:やなぎなぎ

作曲:小野貴光

陽が落ちれば

當たり前に

朝がくるのだと思っていた

靄に溶け込んだ薄い詩歌(しいか)を

口ずさめば

星月夜(ほしづきよ)に鳴る

やがて足を止め

息沖くことさえ忘れて

言葉は意味を失った

限りなく0(ゼロ)に近いこの場所で

靜かに 時間の矢の先を見果てる

愿いを込めた小さな石粒を并べていく

透き間が噛み合う様に

それは誰もが求めるストローク

今は揃わない音だとしても

目を閉じれば浮かび上がる

終わらない寂寥

耳を責める

罪と幸福は隣り合わせ

失うなら自ら舍てよう

欲しかったものは一番近くで光って

両手を何度翳しても

觸れる事は無く

屆かないままで

じわりと逸る想いを焼き盡くした

せめて一瞬

一度きりでもいい

その光の溫度を感じていたい

カルペ?ディエムを心に刺し込んで

もし今世界が終わるとしても

涙が凍って落ちていく

手のひらの上割れて消えた

それでも ずっと

愿いを込めた小さな石粒を并べていく

透き間が噛み合う様に

それはいつしかひとつの形へと姿を移して

世界を変える

歌に惹かれて 導かれる未來

孤獨と出會うあなたにメレを手渡そう

それは誰もが求めるストローク

今は揃わない音だとしても

You may also like...