《思想電車》歌詞:by 酒井由里絵 チュール mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

チュール

思想電車

作詞:酒井由里絵

作曲:酒井由里絵?重松謙太

田舎町、いい天気、橫切ってゆく

獨り言、仆に言う、“乗り過ごそうか。”

見知らぬ人 次々と 一緒に乗せて

ちらほらだけど

軽々と仆も乗せて

一日あれば ここまで來れちゃうんだなぁ

行き先のない旅を 少しでも仆は幸せになろうとする

夕暮れを見屆けたよ

なんだか嬉しくて、夜が少しきれいに見える

長い旅 帰り道 忘れないように

日記を書いてるよ

君の顏、あなたの聲、忘れないように

毎日読み返して

行き先のない旅を 少しでも仆は歩いて行きたくて

夕暮れを見てたら 少し寂しくて…

一人ではいれないんだよ

遠くまで目を凝らして

あそこだよ!ほら いつでも見えるでしょ?

夕暮れに間に合ったから

なんだか嬉しくて、ちょっと溫かくて、

夜が少しきれいに見える

You may also like...