《冬のバラ》歌詞:by 松本隆 薬師丸ひろ子 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

冬の薔薇の棘が

指に痛いけれど

これが最後のプレゼントなのね

いいわ微笑って受け取る

ガード?レール越しに

急に強く抱くのね

風のバス?ターミナル並んだ人が

こわい顔で見てた

星空の中ふたり

自由に生きた

今それだけで充分よ

悲しみさえもキラリ

流星になる

私の神様ありがとう

広い肩の上に

頰を乗せて歩いた

光る舗道を今は一人で

腕を振って歩く

泣かないひとみなんて

可愛いくないと

想われたって仕方ない

でもうれしいのあんな

深く愛せた

眩しい季節をありがとう

星空の中ふたり

自由に生きた

今どれだけで充分よ

悲しみさえもキラリ

流星になる

わたしの神様ありがとう

ラララ??????

You may also like...