《ReLast syndrome》歌詞:by 桐島愛里 Larval Stage Planning mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

革命前夜 今夜は夢の中 おいで

螺旋にひそむ階段 ひとつ ふたつ 登り始める

深い彼方へ 行ってしまうの?

髪を撫でて 秘密抱いたら おやすみ

Tell me スロープ滑り落ちてく 危険な輪廻(ロンド)

「でも、絶対」譲りたくない 小さな駆け引き

手を伸ばせば屆く距離なのに

そして 殘酷な現実が二人を責めていく…

試したくなる 綺麗で長い指に觸れ

仕掛けた罠と言葉で ひとつ ふたつ 探り始める

想う どうか背(せな)はそのままでいて、ね

今日の噓も「愛していますか?」

Fallen 橫でも觸りたくなる 愛の言葉は

もう どんどん意地になってく 見下ろす三日月

嫌、壊れる鼓動が聞こえる…

どこへ行くのと 出口で強めに握る指

大丈夫、キリがないわけじゃない

Ah 夜が傍にずっと いてくれたら

Tell me スロープ滑り落ちてく 危険な輪廻(ロンド)

「でも、絶対」離したくない 禁句なあとがき

手を伸ばせば觸れる距離なのに

そして これまでの真実であなたを知っていく…

You may also like...