《無法松の一生~度胸千両入り~》歌詞:by 吉野夫二郎 島津亜矢 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

無法松の一生~度胸千両入り~

作詞:吉野夫二郎 作曲:古賀政男 唄:島津亜矢

小倉(こくら)生(う)まれで 玄海(げんかい)育(そだ)ち

口(くち)も荒(あら)いが 気(き)も荒(あら)い

無法一代(むほういちだい) 涙(なみだ)を捨(す)てて

度胸千両(どきょうせんりょう)で 生(い)きる身(み)の

男一代(おとこいちだい) 無法松(むほうまつ)

空(そら)にひびいた あの音(おと)は

たたく太鼓(たいこ)の 勇駒(いさみごま)

山車(だし)の竹笹(たけざさ) 提燈(ちょうちん)は

赤(あか)い燈(あかし)に ゆれて行(ゆ)く

今日(きょう)は祇園(ぎおん)の夏祭(なつまつり)

揃(そろ)いの浴衣(ゆかた)の 若(わか)い衆(しゅ)は

綱(つな)を引出(ひきだ)し 音頭(おんど)とる

玄海灘(げんかいなだ)の 風(かぜ)うけて

ばちがはげしく 右左(みぎひだり)

小倉(こくら)名代(なだい)は 無法松(むほうまつ)

度胸千両(どきょうせんりょう)の あばれうち

泣(な)くな嘆(なげ)くな 男(おとこ)じゃないか

どうせ実(みの)らぬ 戀(こい)じゃもの

愚癡(ぐち)や未練(みれん)は 玄海灘(げんかいなだ)に

捨(す)てて太鼓(たいこ)の 亂(みだ)れ打(う)ち

夢(ゆめ)も通(かよ)えよ 女男(みょうと)波(なみ)

You may also like...