《星海流浪的人(日語版)》歌詞:by 吳丞茵 何潤東 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

風の香り辿る坂道

點滅する街燈を追い越してゆく

君の聲が聞こえた気がして

光と暗に仆は染まる

愛するほど傷つけあって

サヨナラさえ上手に言えなかった

最后の夜、もし戻れるのなら仆は誓うのに…

『君を放さない』~never alone~

季節の徒然に君を探してる 消えない傷みが君の名を叫ぶ

輝く星屑に浮かんだ方舟 仆らの日々を連れたまま

永遠に…

孤獨な仆を置き去りのままで

懐かしい唄を街は口ずさんでる

あの日のように星は輝くけど

仆の隣に君だけ足りなくて…

何処かでこの空を君も見ているの? 繰り返す毎日を君も越えてるの?

輝く星屑に浮かべた方舟 流した涙を乗せて…

無邪気に永遠の愛を信じ続けてた

泣きたくなるほどの優しさに觸れた

またいつかあんな風に人を愛せるの?

愁かなる星空の下で…

季節の徒然に君を探してた 消えない傷みが君の名を叫ぶ

輝く星屑に浮かんだ方舟 仆らの日々を連れたまま

永遠に…

You may also like...