《陽は西から昇る》歌詞:by 森山直太朗御徒町凧 森山直太朗 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

暗闇にぶらさがった 星が流れる夜

窓を開けて 風を舐めて 月明かり浴びて

徒らに解き放った コトバ達の群れが

後に引けず あてもなく 泣く泣く彷徨ってる

例えば僕は何処まで 生きて行けるだろう

音も立てず 影も見せず 何も殘さず

揺らめく街の光は まるでさざ波のように

時と共に朝の中へ

そしてまた陽は西から昇る 誰にも気づかれぬように

僕はただ呟くだけ あの日の愛を

君が涙を流した時に 実は気づかないフリをしていた

これ以上君を傷つけることになるから

心の隙間を埋めるように まだ見ぬ明日へ導くように

眩しすぎる光の中、今

そしてまた

こうしてる間に陽は西から昇る すべてをあざ笑うように

僕はただ呟くだけ あの日の愛を

そしてまた陽は西から昇る 誰にも気づかれぬように

僕はただ呟くだけ 今日の日の愛を

You may also like...