《栞》歌詞:by 一青窈 一青窈 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

途方に暮れたのは黃昏どきで

空は山まで溶け合って何処か哀しくなる

ふいに君がくれし道の標も見えなくなって

瞼閉じた後、花に聞く僕

君の耳には 辿りつけたら どんな言葉 今は開く

遠回りして いつの間にやら幸せ、と 栞はさんだ僕

風に続き頁めくられたって

悪い気なんかしないのにね

君は先へ急ぐ

僕の耳には 辿り著くなら どんな言葉 今は開く

一回りして 去った季節の數だけを 栞はさんだ君

桜散る夕立にせかされ ひとりよがりだった僕、の想いが

はらはらと零れ舞う

君の耳には 辿りつけたら どんな言葉 今は開く

遠回りして いつの間にやら幸せ、と 栞はさんだ僕

君の耳には 僕の耳には 思い當たる言葉ひらく

遠回りして いつの間にやら幸せ、と 栞はさんだ春

おわり

You may also like...