《波光》歌詞:by 渡辺 健二 スガシカオ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

見て見ぬフリの毎日に慣れすぎて

裝做視而不見的每天過于習慣

ぼくは見失った

我失去了自我

柄にもなく今日 君のやさしい言葉に

今天不合性格的 居然對你溫柔的話語

自分をひどく恥じた

自己感到十分的羞恥

水平線水の向こう側が まるでのぞけるくらい

簡直就能看清地平線的對面般的

晴れすぎた空 かげりはひとつさえない

過于晴朗的天空 一絲陰影也沒有

誰かがぼくを汚した だからぼくも

有人使我變的污穢 所以我也

人を裏切ってきた

不停的背叛別人

愛のカタチをバカらしい作り物だと

認為愛情的形狀只是愚蠢的贗品

コソコソ笑った

我偷笑著

遠くで波光がゆれている

波光在遠處搖曳

もう悲しいことも 素晴らしいことも

無論是悲傷的事物 還是美麗的事物

無理やり ふみつぶしたくない

我都不愿 再強行踐踏

突然の風に目を閉じた瞬間

在突然的風里閉上眼的瞬間

暗い海にぼくは浮かんでいた

黑暗的大海里 我漂浮著

急いで目を開けた 眩しいほどの

急忙地張開了眼睛 眩目的地方

光がありますように…

光一定就在那里…

You may also like...