《ひかり屆く》歌詞:by 三澤秋 三澤秋 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

ひかり屆く

專輯【ぎんいろの旅路】

作詞:三澤秋

作曲:naotyu

編曲:naotyu

夜空をきんと満たす 冬の冷えきった空気が

変わらぬ空を高く見せてくれる

たとえば、僕が見てる空を同じように どこかで

あなたも見上げているのかもしれない なんて

そう思うだけで、心が少しあたたかくなるんだ

気が遠くなるような過去の光を

僕たちは 今受け取っている

もう消えてしまったのかもしれない その星が

こんなにも なぜ輝くのだろう

靜かに燃える炎を そっと胸の中に

たとえば、僕がここでひとり呟いた言葉が

あなたの元に いつか屆くのかも なんて

そう思うだけで、心が少しあたたかくなるんだ

もう消えてしまったのかもしれないその光

こんなにも なぜ尊いのだろう

気が遠くなるような時の中で

僕たちが 今巡りあうこと

輝くような奇跡を 今手に入れている

靜かに燃える炎を そっと瞳の奧に

終わり···

You may also like...