《三十路岬》歌詞:by 畑亜貴 今野宏美 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

ひとり語りしてもいいですか?

カモメにそっと呟いた

女一途な真心のせて 北の海風凍てついた

はぐれ戀散る恨み節さえ

遠いあんたにゃ屆かない

佇んで泣き濡れて 三十路岬

ふたりだけの宿で泣き崩れ

愛した夜を悔やんでも

男勝手な約束ばかり 何も葉わず終わります

波の飛沫にこの身投げたら

遠いあんたに逢えそうで

戀しさに捧げたい 三十路魂

みつどもえの泡と知りもせず

愛した罪は消えないの

誰を選ぶか決められないと 別れ上手なひとでした

はぐれ戀散る恨み節へと

清い想いが枯れ果てた

戀しくて憎いのよ 三十路岬

You may also like...