《4月の雪》歌詞:by 岡崎律子 岡崎律子 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

ちらちらと 白い雪が

レンガの路に降る

落ちては ほら

溶けて消えるよ

息で曇るガラスに

指先で引く 遠い空

ひとり見上げている

4月の遅い雪に

春の気配も じらされて

ため息がひとつ

楽しいばかりじゃないよ

時には そう 自分が

とてもとても小さく思える

ねぇ 誰もそうだよ

涙や いたみ

それぞれの胸 うけとめて

迷っている

ひらひらと 舞う花びら

白い雪と踴る にぎわう街

今日から春のフェスタ

もうすぐだよ 出ておいでよ

うつむいていないで

寒くないよ 春はすぐそこ

歩道の脇の花壇 咲きかけた花

あたたかな陽射し 待ちぼうけね

行き交う人の笑顔 しあわせの數

私だけ さみしいのはなぜ

つらくなることもあるね

だけどそんな時にも

微笑むこと 忘れちゃいけない

そうよ 思い出してね

誰にもきっと 味方がいるの

あなただけ 見ていてくれる

知っていたよ ずっと見てたよ

涙かくす場面も いつも大変さ

生きてくってことは

寒い夜も 遠い道も

なげださずにきたね

時はめぐる 春はすぐそこ

ちらちらと 白い雪が

レンガの路に降る

落ちては ほら

溶けて消えるよ

出ておいでよ 寒くないよ

4月はじめの雪

もう春だよ 冬にさよなら

You may also like...