《eternal blue》歌詞:by 梶浦由記 FictionJunction mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

FictionJunction

eternal blue

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

この胸が語る言葉を信じて

見えない空の中へ

羽ばたいて行ける

eternal blue

俯いた心

抱きしめた背中

何処かで聞こえる

寂しげな音楽を

追いかけて行く

暗闇の最中で

夢見てる空は蒼く

消えて行った幾つもの光には

哀しみと優しさの記憶さえ

もう見えない

手を伸ばす

まだ儚い未來は

輝きさえ知らずに

眠り続けてる

目覚めを待って

振り払う昨日

脫ぎ舍てたチカラ

“本當”の意味を

決めるには早すぎて

何も見えない

ここからもう一度

始まりを打ち鳴らして

仆が仆でいられる場所を信じて

戦う日々の中に手を伸ばす

だから今は

なぐさめと優しさに手を振って

新しい瞳で

迎え撃つ未來

eternal blue

沈黙よりも靜かな夜に

初めて心に燈した

君の瞳

君の言葉を信じて

頼りない空の中へ

君と仆が巡り會う過去は

確かな未來へ繋がっていたよ

eternal blue

滅び行く世界の夢を信じて

祈りのような空へ手を伸ばす

やがて朝が開く

絕望の片隅で

輝きさえ知らずに

眠り続けてる

仆に會いたい

You may also like...