《花守の丘》歌詞:by 梶浦由記 FictionJunction mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

丘を染めて白い花が

咲き誇る夏には

貴方といたこの日々を

思い出すでしょう

それはとても哀しいけど

綺麗な一時で

生きてるよろこびの

全てを知った

最後の光を惜しむように

暮れ行く大地が優しい聲で

永遠を歌い出すまで

何も言わず散って行った

靜かな花のように

迷いのない強さが

私にありますか

それはとても小さなこと

例えばどんな時も

微笑み絶やさない

勇気を持てたら

貴方の記憶を胸の中で

誇れる私でいられるように

優しさを語りましょう

枯れない涙の海から

丘を埋めた白い雪が

溶けて行く大地に

何度もまた花びらは

返り咲くでしょう

最後の光を惜しみながら

暮れ行く大地が優しい聲で

哀しみを歌う時

よろこびの種を蒔く

永遠を語りましょう

貴方の愛した未來を

You may also like...