《君を想う物語》歌詞:by コバヤシユウジ 平川大輔 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

夕暮れ教室の窓の

外を眺めてる君を見て

心の中奧しまい込んだ 想い溢れそうになった放課後

チャイムの音も聞こえない

グランド遠くの掛け聲も

高鳴る鼓動、抑えられず

君に聲もかけないまま背を向け

駅のホームで1人電車を

巡る季節を指折り數え

1人部屋で 僕の心舞う桜が

制服にサヨナラをする時まで気持ちは

したまま 君を想う心の中で

いつかきっと桜ヒラヒラと舞い散る 校舎の外で

夢の中ではいつも言えたはずの言葉も

君の前じゃ 言えなくなる こんな僕だって

いつかきっとこの腕で君を

抱きしめられたら

君を愛せれば 良いのにな

朝焼け登校途中の

交差點信號待ちしてる

君の肩に觸れたいけど

気付かない振りで 目を伏せてた

無邪気な顔で 僕に駆け寄る

授業前 教室の廊下

他の生徒も 君も変わらない

僕の心 言い聞かせるけど無理だよ

制服にサヨナラをする時まで気持ちは

隠したまま 君を想う心の中で

いつかきっと桜ヒラヒラと舞い散る 校舎の外で

夢の中ではいつも言えたはずの言葉も

君の前じゃ 言えなくなる こんな僕だって

いつかきっとこの腕で君を

抱きしめられたら

君を愛せれば 良いのにな

さよならまた明日學校で

校舎の影が落ちるグラウンド

誰も居なくなる教室 ああ

君の面影 1人抱きしめた

制服にサヨナラをする時まで気持ちは

隠したまま 君を想う心の中で

いつかきっと桜ヒラヒラと舞い散る 校舎の外で

夢の中ではいつも言えたはずの言葉も

君の前じゃ 言えなくなる こんな僕だって

いつかきっとこの腕で君を

抱きしめられたら

君を愛せれば 良いのにな

You may also like...