《もどかしい世界の上で》歌詞:by 佐々倉有吾 牧野由依 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

もしも明日 この世界が

終わるとしても 君のことだから

「それならそれでもいいか」

素っ気ない態度とるのかな?

無理することはないけど

たまにでもいいから顔を上げて

こっちを見てよ

私を見て

ちっぽけな世界なのに

何故だろう この両手には大きすぎる

はてしない世界なのに

何故だろう この両手には小さすぎる

ねぇ もどかしい朝の光の中で

君と笑いたい

いつからだろう 自分に

噓ついても自信が持てなくて

逃げ道を造ってたはずなのに

気づいたら迷路を造ってた

君の嘆く姿は

笑顔へ続いてゆくんだよね? 信じてみたい

私を見て ちっぽけな世界なのに

どうして 期待に胸が膨らむの?

はてしない世界なのに

どうして 何にも期待が持てないの?

ねぇ もどかしい月の光の下で

君と笑いたい

戸惑いの季節が

巡る

何故だろう

ちっぽけな世界なのに…

ちっぽけな世界なのに…

それなのに ちっぽけな世界なのに

何故だろう この両手には大きすぎる

はてしない世界なのに

何故だろう この両手には小さすぎる

ちっぽけな世界なのに

どうして 期待に胸が膨らむの?

ちっぽけな世界だから

もう少し 先まで歩いてみようか

もどかしい世界の上で

君と

笑っていたいよ

You may also like...