《グレゴリオ 》歌詞:byちびた mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

轉自http://www.douban.com/note/246508348/

翻譯:Tsubasa

潤色:nyaball

グレゴリオ

作詞:古川本舗

作曲:古川本舗

編曲:古川本舗

演唱:ちびた

どうぞ、話して

「それは遠い昔のこと。

僕は幼く、體も小さく、

一人きりの日々で。

いつしか、隣に

似た風の人がいたんです。

とても幼く、體も小さく、

一人きりの少女

僕らは毎日、話をしたんだ。

聲も名前も、思い出せないけど

雲が流れたとか、花が咲いたとか

それだけで良かったんだ。」

それは戀よ、グレゴリオ

暗い夜の淵でも、

一人手探りのまま、ゆけるようにと

誰かがそう、殘した

淡く燃える光よ、

忘れないで

「傘を濡らして

二人で歩いたんだ

跳ね立つしぶきも、雨蛙の聲も

鮮やかに覚えているのに。」

いいえ、

思いたせないこともあるでしょう?

誰もすべてを、心の隅っこに

おいておける訳じゃないのよ。

「悲しいことは思い出せないこと

それも忘れてしまうこと」

泣かないでグレコリオ

盲いたその目では、

正しさは曇って

見えないとしても

私が教えてあげる、

その話の続きを、

さあ!

「これが、戀」とグレゴリオ

暗い夜の淵では、

一人手探りのまま

歩けないのだと

杖になり寄り添ったまま、

折れてしまうその日を、

怖がりながら

これは戀よ、グレゴリオ

暗い夜の淵では、

貴方無しではもう、

歩けやしないよ

微笑んでグレゴリオ

雲が流れたんだよ

ねえ

Gregorio

來聊聊吧。

「那是已然久遠的往事。

我尚年幼且稚嫩。

這樣獨自一人的歲月

不知何時,身邊

出現了與我相似的人兒。

非常年幼而纖細。

獨自一人的少女

我們每日一起談天說地

雖然聲音也好名字也好,都無法憶起。

只是聊著流動的云朵,綻放的花蕾

僅僅如此便已覺得足夠。」

那就是戀愛喲,Gregorio

于無盡黑夜之中

也能夠一個人摸索前進

正是因為有那個人所留下的

微微燃燒的光芒

請不要忘記

「雨水浸濕的傘下

兩人并肩前行

飛揚的水沫也好,雨蛙的低鳴也好

明明都還鮮明地映在腦海里。 」

不對、

也有想不起來的地方吧?

無論是誰,都無法將所有的一切

珍藏在心的角落里哦。

「連悲傷的事已經無法回憶起來

這一點都已然忘卻了」

請不要哭泣 Gregorio

即使你的雙眼

被陰霾所遮蔽

無法看見也沒有關系

就讓我來告訴你吧

那個故事的后續、

來吧!

「這就是、戀愛」Gregorio

于無盡黑夜中

一個人探出手去

卻再也無法前進

只能一邊支撐著枯杖

一邊害怕著折斷的那一日

無情到來

這是戀愛喲 Gregorio

于無盡黑夜中

如果失去你的話就已經

無法繼續前進了呀

請露出微笑吧

云朵悠悠飄去了喲

你看吶

You may also like...