《月の雨》歌詞:by小野大輔 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

?

月の雨

TVアニメ『黒執事』キャラクターソング

作詞: 菊地はな

作曲編曲:岡部啓一

歌:セバスチャン?ミカエリス(小野大輔)

雨の日は 庭に出て

さりげなく 聞こえてくる

弦の音 身をゆだねながら

赤い薔薇 手折ろう

彼の夢が 続くなら

冬の雪 暖爐の火も

眠る息 消えないように

その身を 包もう

嗚呼 溫かい 時間が止まるのなら

記憶を込め 貴方だけ 見つめ続けよう

嗚呼 その指が この髪に觸れていれば

蜘蛛の糸のように ただ 甘く切なく

月が消え 深い森

霧の城 瞳の聲

その命が 下るのならば

目蓋を 閉ざそう

嗚呼 穏やかな 月明かり 照らすなら

噓の欠片 約束の場所に隠しゆく

嗚呼 契約の 美しき眼差しが

今夜 もまた この胸を深く惑わせる

細い 路地裏 通る風

時の 囁き 殘した

想い出だけを 壊れぬように 抱く

嗚呼 世界が 朝を迎えずとも

その疵痕 赦され 召されるように

嗚呼 望むまま 想いが葉うなら

光の雨 我が身を 奏で壊れゆく

在下雨的日子里進入庭院

故作無事地邊走邊聽

伴隨著弦樂之音委托于身

折下艷紅的玫瑰

若是他的美夢持續未盡

連同冬日之雪 暖爐之火

沉眠之中的氣息請別消失

包圍著這個軀體

啊~若是能將時間停止于溫暖之刻的話

刻入記憶之中能讓我持續凝視著的 就僅僅只有你

啊~那指尖 那髪絲 若是能觸碰的話

如蜘蛛絲般 只是甘甜地哀凄

月亮消失在深邃森林里

霧中的城 瞳孔之聲

假使那靈魂墜落

就請閉上眼瞼

啊~若是柔和的月光灑耀

謊言的碎片 隱藏在約定的場所

啊~ 烙下契約的美麗目光

今夜也仍深深地迷惑著這胸口

風蜿蜒穿過狹窄的小巷

那時留下的低語

像是為了守護般緊緊擁抱著回憶

啊~ 即使世界不再迎接晨曦的到來

那個烙痕 仍祈求赦免

啊~若是期盼著感情能夠實現

如光的雨 拉奏著音樂直到此身崩壞

You may also like...