《秋の空》歌詞:by三澤秋 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

優(やさ)しいこの歌(うた)は夕焼(ゆうやけ)の色

安(やす)らぎの夜(よる)に包(つつ)まれる

悲しいこの歌は朝焼(あさやけ)の

空に溶(と)けて消(き)えて逝(ゆ)く

一人きり仰(あお)ぐ空

二人見上(みあ)げてた頃(ごろ)とは違(ちが)う景色(けしき)

獨りでに巡(めぐ)る空

君を無(な)くしても世界は回(まわ)るけれど

この痛みもこの苦しみも

君が殘(のこ)した物(もの)がならば

抱(だ)き締(し)めて微笑みだけが殘るのだろう

優しいこの歌は夕焼の色

懐(なつ)かしい聲が口(くち)ずさむ

悲しいこの歌は朝焼の

空と共(とも)に消えて逝く

獨りでに回る星

僕を置(お)き去(さ)りに

時間(じかん)が進(すす)むけれど

まだ虛(うつ)ろな僕自身(じしん)の

君が殘した物だから

愛してみるよ

微笑みに成(な)る前(まえ)の涙(なみだ)を

優しいこの歌は夕焼の色

安らぎの夜に包まれる

悲しいこの歌は朝焼の

空に溶けて消えて逝く

You may also like...