《いつの日も》歌詞:by 玉置浩二 玉置浩二 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

夜明けに色づくビルの谷間が 涙に浮かぶのは

どんな人にもまた朝が 訪れるから

帰る場所がわからないまま 月がうろついてるなら

いつの日も笑って 見送れるように

うれしくても 悲しくても 忘れてしまっていても

まるで昨日の事のように 覚えていてあげよう

たどり著く場所などないけど 風は吹き荒れてく

振り向きもしないで 答えてはくれない

モノクロのフィルムに綴られた 夢と希望と愛は

いつの日も笑っていた 全部君と僕

胸の痛みとそのつらさが 今でも消えてないのなら

まるで昨日の事のように 受け止めていてあげよう

世界を変える事など 僕には できやしないけど

いつの日も笑っていられるように いられるように

いつの日も…

You may also like...